本文へスキップ

晋六陶芸館の会社概要。京都の体験陶芸教室で、2時間で使える器を1sの粘土で制作します。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.075-721-3770

〒606-0015 京都市左京区岩倉幡枝町322

会社概要Infomation Campany

■特定商取引に関する表記■晋六陶芸館

会社名 有限会社 晋六
運営責任者 京谷 美香(きょうたに みか)
所在地 〒606-0015 京都市左京区岩倉幡枝町322
TEL 075-721-3770(eo光電話)
e-mail メールアドレス
平成13年個人事業主から法人登記を行いました。
>>晋六陶芸館について

■一期一会の思い

制作

 プロとかアマチュアとか関係なく、制作した作品は使ってこそ!生かされると思っています。
 折角製作しても使う事がなければ、結局忘れてしまいます。例えば、湯呑・・・作っただけで削りもせずにそのままだと、重くて使えない。結局筆立てになってしまったり・・・それはそれで「作る」という楽しみは味わえるかも知れませんが、湯呑として作った意味がなくなってしまうような気がします。
 弊社では少しのアドバイスとアシストにより、作ったものをちゃんと長く使って頂けるように仕上げをさせて頂いております。
 晋六陶芸館は京都駅から、京都市地下鉄烏丸線終点の国際会館駅近くにあり、京都観光のいわば観光地ではありません。
 何かしらの方法でご遠方まで足を運んで頂くので、皆様おひとりお1人にゆっくり作陶を楽しんで頂きたいと考えています。
 2時間の設定はありますが、「時間が過ぎたのでお終い」という事はありません。1kgの粘土を最後まで納得できるところまで、ご制作頂くようにしています。
 湯呑・カップ・飯茶碗など日常にお使い頂く器で自分サイズの作品が2個出来ます。また作られる大きさによっては、粘土が多少余りますので、お箸置きや小さなお皿を作って頂けます。『一期一会』出会いと作り出される作品は常に、その場限りですので、私達が知る限りの事をアドバイス&アシストできれば・・・と考えています。
 その為、受講人数を制限させていただく場合があります。申し訳ありませんが、予めご了解下さい。

■辻 晋六(祖父)のことば

辻晋六 古来陶器には、その部分の事を人に例えて、首・肩・胴・耳・口・手・腰などと言い、膚などと言います。地肌を皮膚と考えれば形の方は体格・上薬は着物又その模様は柄行と思えば、人間がそのまま出来上がります。恋の相手を選ぶ気持ちで陶器を見ると、人それぞれ好みが違うのは当然ですが、相手の気持ち・考え方・性質までは、なかなか理解し難いものです。大量生産の製品は別ですが、一つ一つ作者の手で作られた陶器には必ずその意図や性格・人柄が秘められています。
昔は陶器を作る人の心構えを教えて『1焼・2土・3細工』と言いました。火の洗礼を受けた良い焼き上がりの自然の美しさを一番大切な事とし、次に材料の土や釉薬の良さを求め、人為的な細工は末梢の事と考え、大いに匠気を戒めると同時に、材料が持つ自然の美しさを充分に生かせるように努力しました。無釉の南蛮や備前焼も形と焼き上がりの美しさだけで、充分楽しめるのもこの理由からです。
 こう言うと、それなら陶器には絵や模様は要らないのかと反論されそうですが、決してそうではありません。ただ絵とか模様は第二義的な従的なもので、つまりあくまでも主である材料美を強調する効果のある場合のみ有効だと言うことです。九谷焼の土石は不純物が多くて焼き上がりが綺麗ではなく、又焼成中にキズが出やすいので、上絵をして素地の悪さをカヴァーするようになりました。大皿のキズを被う為に、田の畦道を図案化した奇抜な上絵を見た事があります。着物の図案や紙に描く絵と違い立体である為に、その模様のつけ方はぜんぜん違った方向に進んでいます。器を横から、又逆さにして絵付けをしますから、まともに置くとどうして描いたのか、また削ったのか判らないものがあります。

人間国宝の陶工がこんな名言を残しました。
「一本の線を画くなら、何処を切っても血が出るような線を引け」と。
 もしこんな線なら一本でも充分鑑賞に堪える美しいものでしょう。
 陶器を人間に例えると、窯から出た時は幼年時代であり、つまり後半生はこれを使用する人が育てるのです。共に生まれても、ひとつは良家の子となり、愛撫に養育されて立派な名品ともなり、他は心なき人に渡り乱暴に扱われて瞬時にして破壊し一生を終わることになります。
 時々他所で20数年前の拙作に会う機会があり驚く事があります。釉はシットリと滋潤に、素地土は寂びて手馴れて、これが我が作かと疑う位です。まして百年、二百年、否数百年を経た陶器の美しさは、今窯出しのウブでイライラした物と比較にならないでしょう。
 『氏より育ち』という言葉もあり、ご自分で選ばれた陶器はどうぞ、可愛がって育てて下さい。辻 晋六 初代のペリカン急須 初代のペリカン急須

 祖父 辻 晋六の作り上げてきた作風を守りながら、今につながる使いやすい「器」を提供したいと思っています。陶器のぬくもりを感じて頂けるよう努力しております。そんな思いの陶芸教室です。



happy wedding  パパ・ママありがとう

修学旅行・体験学習  和食器のオンラインショップ

■晋六陶芸館ニュース■


京都の陶芸教室 晋六陶芸館京焼窯元 晋六陶芸館

〒606-0015
京都市左京区岩倉幡枝町322
TEL 075-721-3770

転送電話になる場合があります

 



陶芸教室のご予約状況確認
陶器について
陶器の作り方(制作方法)
釉薬のかけ方
一日体験陶芸教室の作品
ご意見・ご感想
お問い合せ
掲載誌
リンク

陶芸教室申込
English
Dokka!関西おでかけ探検隊