「この焼き物は何焼ですか?」とよく尋ねられることがあります。 京都では「清水焼(きよみずやき)」が有名ですから、「清水焼」ですか・・・?って。

「清水焼」はもともと京都の五条界隈、清水寺に近くで焼かれている陶器の名称なので、清水寺からちょっと離れたところで作っているので、「京焼」ですとお答えしています。 「清水焼」も「京焼」の中のひとつで、他にも「音羽焼」「清閑寺焼」「粟田焼」「御室焼」など、京都の様々な場所の名前がついています。

「京焼・清水焼」は通商産業省に登録する際に決まった、登録商標みたいなものだそうです。

だから、我が家で作っている陶器は「京焼」なんです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

陶芸教室のカレンダー

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー