晋六窯 陶板
 平成4年に東山区今熊野から現在の左京区岩倉に移築した折、「晋六陶芸館」という新たな名称に変更しました。 今熊野の時には、「晋六陶房・晋六窯」として主に陶器の製造・卸が専門でしたが、「晋六陶芸館」となり3階で陶芸教室も開催するようになったのです。

 「晋六陶芸館」の名前は私の祖父「辻 晋六」の名前から由来するもので、晋六は京都の鴨川の上流、上賀茂から北へ約12km行った「雲ヶ畑」の波多野家の四男として生まれ、京都府立第二中学校を経て、東京工業学校(現:東京工大)の窯業科へ進みました。

 卒業後、京都の料亭「左阿彌」の三女 辻 栄津子と結婚。その後山科に築窯、制作活動に入りました。 昭和45年11月1日に65歳の生涯をとじ、今は京都の法然院にて眠っています。
 
 現在は、父が小売の注文の商品を制作し、主人が陶芸教室のお相手をさせていただいております。 祖父から受け継ぐ「民芸」の大らかさと素朴さ、そして京焼の優雅さを併せ持った陶器の製作を心がけ、一つ一つで作業で時代時代に受け継がれていく器を制作しています。

 陶芸教室においても、一生お付き合い頂ける器をご制作頂くよう、アドバイスさせて頂いております。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

陶芸教室のカレンダー

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー